うつ病・職場復帰(仕事復帰・社会復帰)

うつ病の症状

職場復帰について

仕事に復帰したら、無理をせずに、ゆったりと構えるようにすることが大切です。再発に十分に気をつけ、はじめは「慣らし運転」という感じで仕事に復帰できれば理想的です。「がんばるぞ」という気持ちもわかりますが、はじめのうちは無理をしないで、ウオーミングアップのつもりでいることが大切です。

職場に復帰したら

うつ病・職場復帰会社に勤めている人の場合、休職して治療に専念することによって、回復も早まります。そうして回復の兆しが見えたら、主治医に相談して、職場復帰の時期や方法について相談しましょう。ただし、復帰したとたんに以前と同じような職場の条件で仕事に就くことはできません。
たとえば、ケガで長いこと練習を休んでいたマラソンランナーが復帰するときでも、最初は筋肉トレーニングをしたり、軽くトラックを走る程度で、いきなり何10キロも走ったりしません。うつ病の場合も、はじめは軽くウォーミングアップのつもりで少しずつ慣らし、様子を見ながら勤務時間をのばしたり、仕事量を増やすようにしながら、徐々にペースを戻すようにします。復帰にあたっては、以下のようなことに注意します。

●はじめは「慣らし運転」のつもりで

職場に復帰すると、遅れた分をとり戻そうと思い、ついがんばってしまいがちです。くれぐれもそのような考え方はしないようにして、ゆっくりと時間をかけて適応していきます。

●何事も「ほどほどに」

まじめな人ほど仕事に一生懸命になってしまいますが、復帰後は完璧主義を捨てて、何事も「ほどほど」にという姿勢が大切です。

●常に心に余裕を持つ

なんでも完全を目ざすと、心も体も余裕がなくなります。仕事も、七分目くらいをめどにして、それ以上はやらないというくらいの気持ちが必要です。常に心に余裕を持って生活するようにします。

●プラス思考の考えを持つ

うつ痛になったときは、どうしても「悪いほうへ悪いほうへ」と考える、いわゆるマイナス思考に陥りがちでしたが、これからは意識的に何事も「よいほうへよいほうへ」と考える、いわゆるプラス思考をするようにします。

●早く注意信号に気づく

一度うつ病を経験しているので、症状についてはよくわかっているはずです。下痢や頭痛、胃痛、不眠など、またストレスを強く感じたと思ったら、それ以上がんばらないようブレーキをかけます。

復帰後の勤務条件

復帰後の勤務条件復帰するときの勤務条件は、休職について相談したときと同じように、産業医(または保健師)、上司、本人とがよく相談して決めることです。張り切りすぎて「今まで休んだ分取り返します」などといわないようしましょう。そのために再発してしまっては、もともこもないからです。
また、本人の負担を考えて、復帰後しばらくして配置換えを打診されることがあるようです。その場合は自分にとって、どちらの部署が負担が少ないか、検討することも必要になります。そうして復帰したら「何でも自分でやる」という発想は捨て「手伝ってもらう」と、それまでの発想を変えるようにしましょう。

スポンサードリンク

ページの先頭へ

うつ病のコンテンツ