抗うつ薬の種類と特徴(効果・副作用)

うつ病の症状

抗うつ薬の種類と特徴

日本で使用されている抗うつ薬の種類と特徴(効果・副作用)について紹介していきます。

三環系抗うつ薬

イミプラミン
[一般名]
●トプラニール●イミドール
[特  徴]
最も基準的な抗うつ薬。意欲元進作用にすぐれる。抗コリン作用が出現しやすい。筋肉内注射剤あり。
クロミプラミン
[一般名]
●アナフラニール
[特  徴]
イミプラミンとほぼ同様、やや速効。点滴、静脈注射にも用いる。パニック障害・強迫性障害にも有効。
トリミプラミン
[一般名]
●スルモンチール
[特  徴]
鎮静・催眠作用がやや強い。
アミトリブチリン
[一般名]
●トリプタノール●アミプリン●ノーマルン
[特  徴]
イミプラミンよりも鎮静作用が強い。抗コリン作用が強い。注射(筋注または静注)剤あり。
ノルトリブチリン
[一般名]
●ノリトレン
[特  徴]
鎮静作用が強いが、精神運動制止にも有効である。
ロフェプラミン
[一般名]
●アンプリット
[特  徴]
抗コリン性副作用が少ない。
アモキサピン
[一般名]
●アモキサン
[特  徴]
イミプラミンとほぼ同等の効果。抗コリン性副作用が少ない。
ドスレピン
[一般名]
●プロチアデン
[特  徴]
アミトリプチリンと同等の効果を持ち、自律神経系の副作用が少ない。

四環系抗うつ薬

マプロチリン
[一般名]
●ルジオミール●クロンモリン●ノイオミール●マプロミール
[特  徴]
イミプラミンとほぼ同等の抗うつ作用を持ち、末梢性抗コリン作用が少ない。けいれん発作・発疹に注意。
ミアンセリン
[一般名]
●テトラミド
[特  徴]
イミプラミンと同等の効果を持ち、抗コリン作用は弱い。心毒性がない。眠けを起こしやすい。
セチプチリン
[一般名]
●テシプール
[特  徴]
イミプラミンと同等の効果。抗コリン作用は弱い。心毒性がない。

その他

スルピリド
[一般名]
●ドグマチール●アビリット●ミラドール●オンペラン●べタマックT●セルネビン等
[特 徴]
抗精神病作用と抗うつ作用がある。鎮静作用は弱く、副作用が少ない。けいれん、発作、遅発性ジスキネジア、パーキンソン症状に注意。
トラゾドン
[一般名]
●レスリン●デジレル
[特  徴]
アミトリプチリンと同等の効果を持ち、セロトニンに選択的に作用、副作用が少ないので高齢者や身体疾患を有する患者に使いやすい。

SSRI

フルボキサミン
[一般名]
●デプロメール●ルボックス
[特  徴]
強迫性障害にも適応が認められている。
トラゾドン
[一般名]
●パキシル
[特  徴]
パニック障害にも適応が認められている。

SNRI

ミルナシプラン
[一般名]
●トレドミン
[特  徴]
効果は三環系抗うつ薬と同等であるが、副作用が少ない。

気分転換薬

炭酸リチウム
[一般名]
●リーマス●リチオマール
[特  徴]
抗躁薬として承認されているが、抗躁作用、抗うつ作用がある。また躁うつ病相の予防にも有効。

抗てんかん薬

カルハマゼピン
[一般名]
●テグレトール●テレスミン●レキシン
[特  徴]
抗躁薬として承認されているが、躁うつ病相の予防効果がある。
バルプロ酸
[一般名]
●デパケン●バレリン●ハイセレニン●セレ二カR●エピレナート
[特  徴]
抗てんかん薬であるが、米国では抗躁薬としても承認されている。重症躁うつ病の治療、躁うつ病相の予防に有効。
クロナゼパム
[一般名]
●ランドセン●リボトリール
[特  徴]
抗てんかん薬であるが、重症躁うつ病の治療、躁うつ病相の予防に有効。

スポンサードリンク

ページの先頭へ

うつ病のコンテンツ