パニック障害の症状(パニック発作)

うつ病の症状

パニック発作の症状

心臓がドキドキしたり、呼吸困難になったり、不安や恐怖で失押しそうになったり…。パニック発作の症状の苦しさは周囲にはわかりにくいものです。患者さんのなかで何が起こっているのでしょう?

パニック障害の特徴

パニック発作パニック発作は、パニック障害の中心的な症状で、強い不安症状が急激にあらわれた状態をいいます。発作では、不安、恐怖といった「精神症状」に加えて、動摩、めまい、呼吸困難など、非常に多彩な「身体症状(自律神経症状)」があらわれます。
しかし、その恐ろしさは、周囲にはなかなかわかりにくいものです。患者さんはそのとき、どんなふうに感じているのでしょう?
パニック発作の症状を以下に紹介していきます。

●発作のあらわれ方

直接的な額因は何もなく、不意に始まり、10分以内にピークに達します。本人は、わけがわからないまま強い不安におそわれ、「このまま気がおかしくなってしまうのではないか」 「死んでしまうのではないか」という恐怖感を覚えますが、ほとんどの場合、30分前後でおさまり、なにごともなかったかのように元の状態に戻ります。

パニック発作の身体症状

●心臓がどきどきする

いわゆる「動悸・息切れ」ですが、実際に発作を体験した人は、ただ「心臓がどきどきする」というような、なまやさしいものではないといいます。心臓が破裂する、口から飛び出しそうになる、心臓をわしづかみにされる、といった激しい言葉で表現されます。

●冷や汗をかく

暑さが原因ではなく、恐怖心や不安感による発汗です。冷や汗をかくことで、さらに不吉な感覚が生まれ、恐怖心や不安感が強まります。

●手足や体がふるえる

筋肉が収縮して、自分の意思とはかかわりなくふるえる現象です。まるでけいれんするように、体がガクガクと動きだす人もいます。

●口がかわく

のどがからからになったり、口の内部がザラザラと、あるいはとリヒリとかわく状態で、息苦しさをともなうこともあります。

パニック発作の胸部の症状

息苦しくなる

ハーバーと呼吸が速くなったり、荒手堅に、妄り暮す。雇の版主方や吐き方がわからなくなる人もいます。

●窒息する感じ

息が吸えなくなり、窒息するのではないかという感覚が、強い恐怖心をまねきます。まるで密室に入れられたよう、と表現する人もいます。

●腹部の不快感

その不快感を、胃をつかまれる、おなかの中がぐちゃぐちゃになる、と表現する人もいます。実際に、強い吐きけにおそわれ、吐いてしまう人もいます。

パニック発作の精神症状

●矢神しそうな感じ

「頭から血が引いていく」「頭を後ろに引っぼられる」「めまいがする」など、さまざまに表現されます。

●制御できない恐怖

強い不安や恐怖のため、気が変になってしまうのではないか、人前でとり乱して、とんでもないことをしてしまうのではないかと恐れる状態です。

●自分が自分でない感じ

自分の行動や思考を、自身で感じる力が弱まった状態です(離人感)。患者さんは、「自分が行動しているはずなのに、夢の中にいるよう」「自分の心や体を、もうひとりの自分が外からながめている」というように訴えます。また、症状が形を変え、「意識がなくなりそう」「孤独感におそわれる」と訴える人もいます。

●現実感がない

自分の存在を感じる力が弱まった状態です。現実感がなくなり、自分の周囲の状況をいきいきと感じることができなくなります。「周囲が灰色に見える」「頭にかすみがかかったよう」「雲の上を歩いているよう」というように訴える人もいます。

●死にそうになる

動悸やふるえなど激しい身体症状にともない、不安や恐怖が強まり、死を強く意識します。

パニック発作の全身症状

●しびれ、うずき感

じんじん、ぴりぴり、ちくちく、むずむず、といった不快なしびれ感やうずき感が起こります。

●腰が抜ける、肩がこる

筋肉がかたくなり、体が重く、動かしにくく感じます。

スポンサードリンク

ページの先頭へ

うつ病のコンテンツ