うつ病の症状(集中力・記憶力の低下)

うつ病の症状

うつ病の症状(集中力・記憶力の低下)

物事に集中できず、小さな決断にも迷うようになります。記憶力も低下するため、高齢者の場合は、認知症と間違われることもあります。

集中力や記憶力、決断力が低下する

集中力うつ病では、脳の神経伝達がスムーズに行われなくなるため、いわゆる〝頭の回転″が悪くなります。まず、注意力が散漫になり、物事に集中できなくなります。人と話していても、相手の話を注意して開き、内容を理解するということができにくくなります。読書をしても、内容が頭に入らず、同じところを繰り返して読んで、少しも前に進みません。
思考力も低下するため、会議の席などで考えをまとめて発言するのが困難になります。記憶力も衰え、見開きしたことや、人から頼まれたことをすぐ忘れてしまうこともあります。
さらに決断力も鈍り、とるに足らないようなことでもあれこれ迷い、結局、決められないということになってしまいます。こうした症状は、患者さんも自覚しており、頭がぼーっとしている状態を、「ぼけてしまったのではないか」と心配する人もいます。

高齢者の場合は、認知症と間違われやすい

うつ病の患者さんを対象に、記憶力のテストを行うと、病前または病後と比べて、記憶力が明らかに劣っていることがわかります。人から聞いた話や頼まれたことを忘れることが多くなるため、高齢者の場合は認知症と間違われることがあります。
しかし、うつ病による記憶力の低下は、脳の機能低下によるもので、適切な治療を受ければ回復します。一方の認矢口症は、脳の器質的な異常で、現在のところ効果的な治療法が確立されていません。このような違いがありますから、診察を受けて、うつ病か認知症かを見極める必要があります。病院では、記憶力を試す検査や脳の画像検査などを行って両者を鑑別します。

重大な決断をして後悔することも…

決断力が低下決断力が鈍り、ごくささいなことでも迷うようになる反面、人生にかかわるような重大な局面で性急に決断してしまうこともあります。たとえば、夫が突然妻に離婚話を切り出したり、会社に辞表を提出するなど、うつ病が回復してから「なんでこんなことをしてしまったのだろう」と、後悔しきれないような決断をしていることがあります。
こうした軽率な決断は、うつ病特有の自責感にもとづいています。「自分のせいで妻や子どもが不幸になる」「自分は会社の荷物になっている」という気持ちから、極端な行動に出てしまうのです。また、視野が狭くなって、客観的な判断ができない状態になっています。そのため、家のローンを抱えている人なら、「完済できなかったら大変なことになる」と焦り、家族には無断で家を処分してしまうようなことも起こります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ

うつ病のコンテンツ