認知症の症状・特徴(アルツハイマー型)

うつ病の症状

認知症について

心の病気の中には、うつ病とよく似ている病気があります。医師は診断にあたっては、うつ病なのか他の心の病気なのか、慎重に判断することになります。うつ病と症状が似た病気である認知症(アルツハイマー型)について紹介します。

「アルツハイマー型認知症」と「脳血管性認知症」がある

認知症高齢者のうつ病の症状には、「ぼんやりしていて、何かを尋ねても適切な答えが返ってこない」「物忘れがひどくなる」など、一見して認知症と区別がつかないものがあります。認知症には、「アルツハイマー型認知症」のように原因がわからず、脳細胞が減少していくものと、「脳血管性認知症」のように脳の血管障害によって神経細胞や組織が障害を受けて起こるものとがあります。
どちらも初期の症状は記憶障害が中心なり、進行に応じて精神機能や知的機能が低下していきます。

アルツハイマー型認知症の症状

アルツハイマー型認知症では、記憶力、言語機能、感情、判断力、計算力、方向感覚など、精神機能全般が障害されます。その経過は、初期では頭痛や根気のなさ、不眠がみられます。自覚があるため、うつ状態になったりもします。中期になると、物忘れがさらに進み、現在のことしかわからなくなります。また被害妄想が起こったり、徘徊するなどの問題行動もあらわれてきます。末期には寝たきりの状態になってしまいます。

脳血管性の認知症の症状

脳血管性の認知症の症状は、アルツハイマー型とそれほど大きな違いはありません。初期は物忘れが目立ちます。中期になると記憶や見当識の障害があらわれ、理解力や判断力も低下します。末期は、やはり寝たきりとなります。うつ状態については、アルツハイマー型の認知症では、すべての経過を通して、あるいは初期の段階にうつ状態があらわれるという指摘があります。また脳血管性の認知症では、アルツハイマー型の認知症よりもうつ状態がみられる確率が高いようです。その抑うつ気分はうつ病にかなり近いといわれます。
日本では、かつてはアルツハイマー型認知症よりも脳血管性認知症のほうが多かったのですが、最近ではアルツハイマー型の認知症のほうが増加の傾向にあるといわれています。

スポンサードリンク

ページの先頭へ

うつ病のコンテンツ